bdavとbdmvとは?PCで簡単にDVDやブルーレイを再生する方法

要約: 自宅でゆっくり映画やドラマを見て過ごしたい…そんな時活躍するのが「DVD」や「ブルーレイディスク」。できればお気に入りの動画は高画質のブルーレイで満喫したいですよね。自分の部屋や寝室で手軽に楽しみたい時には、PCで再生するのがおすすめです。そこで問題になるのが「bdav」と「bdmv」。この2つはブルーレイディスクの保存形式のフォーマットの違いなんですよ。PCでブルーレイディスクを再生するためには、これらの形式に対応したプレイヤーソフトが必要です。今回は「bdav」と「bdmv」の違いを解説しながらおすすめのプレイヤーソフトをご紹介します!

 

 「bdmv」と「bdav」って何?

冒頭でも述べた通り、「bdav」と「bdmv」はブルーレイディスクの保存形式のフォーマットのこと。「bdmv」は市販やレンタルのブルーレイディスクに使用されるフォーマットで、ディスクへの情報の追加や編集ができない形式になっています。「bdav」は主にTVの録画用のフォーマットで、ブルーレイレコーダーで地デジをBD-RやBD-REなどの書き込み式ブルーレイディスクに録画する時に使用されるフォーマットです。こちらは「bdmv」と異なり、情報の追加や編集が可能な形式です。

 「bdav」と「bdmv」の違い

 1.メニュー画面の表示

bdav」はメニュー付きのブルーレイディスクを作成することは出来ませんが、「bdmv」はメニュー付きのブルーレイディスクを作成することができます。

 2.複数音声の対応

bdav」は地デジの音声多重放送に対応しているため、複数音声を録画できますが、「bbdmv」は複数音声のコンテンツの作成はできません(市販のブルーレイディスクは複数音m製のコンテンツを収録することにより対応)。

 3.汎用性の違い

一般的に“ブルーレイ対応”をうたっているブルーレイレコーダー・ブルーレイプレイヤーの多くは「bdmv」形式のブルーレイディスクを再生可能です。対して「bdav」は主にブルーレイレコーダーで再生します。「bdav」形式のブルーレイディスクを再生できないブルーレイプレイヤーが数多く存在するので要注意。そこで今回は、「bdmv」も「bdav」も再生できて操作も簡単な高機能プレイヤーソフト「DVDFab player 6」をご紹介します。

 DVDFab player 6はどんなソフト?

「DVDFab player 6」は、世界でも最高レベルのプレイヤーソフト。ビデオ変換、DVD ・Blu-ray作成、メディア再生、ファイル転送など多くの機能を搭載しており、もちろん「bdmv」、「bdav」形式にも対応。DVDやブルーレイディスクの再生だけではなくコピーや編集に関しても簡単に操作ができるようになっています。また、PC画面で再生するための「PCモード」とより大きなTV画面で再生するための「TVモード」が提供されています。自分の好みや状況に応じてPCモードTVモードを切り替えることができるので便利です。また、自分好みにメディアライブラリーを作成し、映画やTV番組をポスターウォールで分かりやすく管理できますよ。

 DVDFab player 6を使ってみよう!

では、早速「DVDFab player 6」を使ってみましょう。

まずは、公式サイトにアクセスして「プレイヤー6」をクリック!

公式サイトを開いたら、ご自身のOS(Windows及びMac共に対応可能)を選択して「無料ダウンロード」ボタンをクリックし「DVDFab player 6」の最新版をPCにインストールしてください。

 

今回は無料版を使用しましたが、更に機能の充実した「製品版」と「Ultra版」も用意されています。どちらも有料にはなりますが、無料版で体験してご自身に合っているソフトだと思えば購入して間違いはありません!今なら「ベストセラー最大60%OFF」。セール中なのでお得に購入できますよ。

ダウンロードが完了すると、自動的に以下の様な画面に変わるので「クイックインストール」をクリック。

クリックして数秒~数分待ちます。
すると、インストールが完了してデスクトップ画面に「DVDFab player 6」のアイコンが表示されます。このダウンロードからインストールまでの時間が他のソフトに比べて非常に速かったのでストレスフリーでした。せっかちな人もイライラせずにステップを進めますよ。

「DVDFab player 6」のアイコンをクリックするとソフトが起動して以下のような画面が出てきます。ライブラリは「ディスク」「ムービー」「シリーズ作品」「テレビ番組」「ビデオ」「音楽」とすでにカテゴリー分けされていて見やすくなっています。

 DVDFab player 6でディスクを再生してみよう

ご自身の好きなディスクをPCに挿入すると、ライブラリの「ディスク」の中に自動的に新規データが表示されます。こちらの再生ボタンをクリックすればすぐにディスクが再生されます。

再生方法はDVDでもブルーレイディスクでも同様。難しい操作は必要なく、「DVDFab player 6」を起動してディスクを読み込ませるだけで再生することができます。再生画面上でボタンを操作すれば一時停止や巻き戻し、早送りも簡単にできました。
また、再生画面を右クリックして、再生しているディスクの「ビデオ」・「オーディオ」「字幕」・「再生」・「メニュー」・「全画面表示」・「情報」・「設定」などを自分の使いやすいようにカスタマイズできます。

 DVDFab player 6の嬉しい機能

「DVDFab player 6」は対応ソフトの少ない「bdav」にも対応し、再生できるだけではなく、ディスクの編集やコピーも可能。特にブルーレイディスクのコピーは対応しているソフトが非常に少ない中、無料でも体験できて操作が簡単というのは「DVDFab player 6」の特徴です。

 まとめ

今回の記事では「bdav」と「bdmv」の違いを解説し、ディスク再生におすすめの「DVDFab player 6」をご紹介しました。「DVDFab player 6」は無料でDVDやブルーレイディスクが再生できるだけではなく、DVD・ 4K・UHD Blu-ray・音楽ファイルなどをほぼ全ての形式のフォーマットに対応しています。再生ソフトとしても優秀ですが、編集・作成ソフトとしても秀逸。「DVDFab player 6」は無料で使用できますのでぜひ1度使用してみてください。その機能性の高さと使いやすさに驚くことでしょう。

via:

ja.dvdfab.cn