動画に簡単に日本語字幕をつけるには?srtファイルと動画ファイルの結合方法 <完全保存版>

要約: 動画編集中、「簡単に、この動画に日本語字幕をつけられたら・・・」と思ったことはありませんか?字幕のsrtも、動画ファイルも手元にあるけど、この2つをどうやって上手く繋げれるんだろう・・そういった疑問を解決する、mkvやmp4などの動画ファイルとsrtファイルを簡単結合できる便利なソフトを今回は紹介したいと思います。 初心者向けに、srtファイルとは?という基本的なところから説明していきますので、初心者の方でも上から読めば確実に理解できますよ。

 

 

 1.    srtファイルとは?

srtというファイル形式を聞いたことが無い人のために、srtファイルの基本情報から説明していきます。既に知っている、という方は読み飛ばしてくださいね。
srtファイルはテキスト形式の字幕ファイルです。通常、YouTubeなどの動画で日本語字幕付きのものがあれば、それはsrtファイルを使って、字幕ファイルと動画ファイルを結合して作られています。

srtファイルの見た目はこんな感じ。1行目に字幕の番号、2行目に字幕の表示時間、3行目に字幕内容、というとてもシンプルな仕様になっています。このファイルと、mkvやmp4などの動画ファイルを組み合わせることで、日本語字幕付きの動画を作成することができます。

もちろん、動画編集ソフトを使って、地道に日本語字幕をマニュアルで打ち込んで・・というスタイルも可能ですが、長い動画であればあるほど、srtファイルを活用して結合してしまう方が、効率的ですね。

 2.    srtファイルと動画・音声ファイルの結合ができるソフト① XMedia Recode

まず紹介するのはXMedia Recodeというソフト。こちらは割と歴史のあるソフトなので、既に聞いたことがある人や、別の用途で使ったことがある方も多いかもしれません。
若干インターフェイスが古めですが、無料なので、まず試しにやってみたいという方にはお勧めです。
簡単に、srtファイルと動画ファイルの結合方法を紹介します。

手順① ソフトをダウンロード
まずはこちらからソフトをダウンロードし、通常のインストール方法に従ってPCにインストールします。

手順② 日本語化
ソフトを起動し、日本語でない場合は、日本語に設定します。メニューバーの「Optionen」から「Einstellungen」を選択し、設定画面を開きます。左メニューの「Sprache」を選択し、「Japanese」をクリックすると日本語になります。

手順③ 動画・srtファイルをインポート
まずは字幕をつけたい動画ファイルと、srtファイルを読み込みます。画面が起動すれば、画面上にファイルをドラッグ&ドロップすることで読み込みが可能です。

手順④ 動画を選択
ファイルのインポートが完了したら、メニュー左側の「ファイルを開く」をクリックし、先ほどインポートした動画ファイルを選択します。

動画ファイルの右端にある「字幕」タブからファイルがインポートできますので、その際にsrt字幕を読み込みます。読み込んだ字幕は「ソース」欄に表示されますので、中央の追加(+)ボタンをクリックし、出力欄に追加。

手順⑤ srtファイルと統合
最後に、「エンコード」をクリックすることで、動画ファイルと字幕ファイルの統合が完了します。

インターフェイスは古めですが、基本的な作業はできるので、とりあえずソフトを試してみたいという方にはXMedia Recodeがおすすめです。

 3.    srtファイルと動画・音声ファイルの結合ができるソフト② DVDFab 動画変換

次に紹介するのは、DVDFab動画変換というソフト。こちらは使い方が本当に簡単なので、初心者の方にもおすすめです。基本有料のソフトなのですが、現在は30日間無料で全機能が使える体験版を試用できますので、試してみてはいかがでしょうか。

それではsrtファイルと動画ファイルの結合方法を見ていきましょう。

手順① ソフトをダウンロード
まずはDVDFab動画変換公式サイトからソフトをダウンロード。ご自分のパソコンのOSを確認してからダウンロードしてくださいね。ダウンロード後は通常の手順に従って、PCにソフトをインストールしましょう。

手順② ソフトを起動
起動すると、こんな感じの画面になります。シンプルですね。ちなみに、日本語ウェブサイトからダウンロードすると自動的に日本語になるので、言語切り替えは不要です。

手順③ 動画ファイルをインポート
まずは動画ファイルを読み込んでいきます。PCのフォルダから、読み込みたい動画を選び、ドラッグ&ドロップで簡単にインポートできます。

手順④ srtファイルを結合
動画を読み込むと、下の画面のように動画の概要が現れます。「字幕欄」でオプションを選択できるようになっているので、ドロップダウンリストから「外部字幕を選択」をクリック。
PC上のフォルダが開くので、結合したいsrtファイルを読み込み、左下の「開始」をクリックするだけです。所要時間も短く、ストレスフリーに行えます。

 4.    2つのソフト比較

上記で紹介した2つのソフトの比較表です。単発で使ってみるならXMedia Recode、今後も同じ作業を何度もする・・という方は、DVDFab動画変換が便利だと思います。
動画の作成は、ただでさえ労力がかかるもの。自分に合った機能を持ちあわせたソフトを使うことで、労力を最小化させ、快適な動画編集ライフを送りたいですね。

     メリット  デメリット
XMedia Recode ・無料
・機能がシンプル
インターフェイスが古め
・使用中に停止することがある
DVDFab動画変換
・操作が感覚的で分かりやすい
・日本語化する必要なし

・30日間を過ぎると有料(30日間は体験版を無料で使用可能)

 

 5.    まとめ

今回は動画ファイルとsrtファイルを統合できるソフトを2つ紹介しました。動画を見る人はサイレント(音声無し)で見る、という人も多く、今後視聴者を増やすためにも字幕追加は有効な手段と言えます。
また、最近は、動画配信先も日本国内だけでなく海外展開にも挑戦する人が増えています。日本語字幕に限らず、英語字幕にも挑戦してもいいかもしれませんね。

via:

ja.dvdfab.cn