動画に簡単に日本語字幕をつけるには?srtファイルと動画ファイルの結合方法 <完全保存版>

要約: 動画編集中、「簡単に、この動画に日本語字幕をつけられたら・・・」と思ったことはありませんか?字幕のsrtも、動画ファイルも手元にあるけど、この2つをどうやって上手く繋げれるんだろう・・そういった疑問を解決する、mkvやmp4などの動画ファイルとsrtファイルを簡単結合できる便利なソフトを今回は紹介したいと思います。 初心者向けに、srtファイルとは?という基本的なところから説明していきますので、初心者の方でも上から読めば確実に理解できますよ。

 

 

 1.    srtファイルとは?

srtというファイル形式を聞いたことが無い人のために、srtファイルの基本情報から説明していきます。既に知っている、という方は読み飛ばしてくださいね。
srtファイルはテキスト形式の字幕ファイルです。通常、YouTubeなどの動画で日本語字幕付きのものがあれば、それはsrtファイルを使って、字幕ファイルと動画ファイルを結合して作られています。

srtファイルの見た目はこんな感じ。1行目に字幕の番号、2行目に字幕の表示時間、3行目に字幕内容、というとてもシンプルな仕様になっています。このファイルと、mkvやmp4などの動画ファイルを組み合わせることで、日本語字幕付きの動画を作成することができます。

もちろん、動画編集ソフトを使って、地道に日本語字幕をマニュアルで打ち込んで・・というスタイルも可能ですが、長い動画であればあるほど、srtファイルを活用して結合してしまう方が、効率的ですね。

 2.    srtファイルと動画・音声ファイルの結合ができるソフト① XMedia Recode

まず紹介するのはXMedia Recodeというソフト。こちらは割と歴史のあるソフトなので、既に聞いたことがある人や、別の用途で使ったことがある方も多いかもしれません。
若干インターフェイスが古めですが、無料なので、まず試しにやってみたいという方にはお勧めです。
簡単に、srtファイルと動画ファイルの結合方法を紹介します。

手順① ソフトをダウンロード
まずはこちらからソフトをダウンロードし、通常のインストール方法に従ってPCにインストールします。

手順② 日本語化
ソフトを起動し、日本語でない場合は、日本語に設定します。メニューバーの「Optionen」から「Einstellungen」を選択し、設定画面を開きます。左メニューの「Sprache」を選択し、「Japanese」をクリックすると日本語になります。

手順③ 動画・srtファイルをインポート
まずは字幕をつけたい動画ファイルと、srtファイルを読み込みます。画面が起動すれば、画面上にファイルをドラッグ&ドロップすることで読み込みが可能です。

手順④ 動画を選択
ファイルのインポートが完了したら、メニュー左側の「ファイルを開く」をクリックし、先ほどインポートした動画ファイルを選択します。

動画ファイルの右端にある「字幕」タブからファイルがインポートできますので、その際にsrt字幕を読み込みます。読み込んだ字幕は「ソース」欄に表示されますので、中央の追加(+)ボタンをクリックし、出力欄に追加。

手順⑤ srtファイルと統合
最後に、「エンコード」をクリックすることで、動画ファイルと字幕ファイルの統合が完了します。

インターフェイスは古めですが、基本的な作業はできるので、とりあえずソフトを試してみたいという方にはXMedia Recodeがおすすめです。

 3.    srtファイルと動画・音声ファイルの結合ができるソフト② DVDFab 動画変換

次に紹介するのは、DVDFab動画変換というソフト。こちらは使い方が本当に簡単なので、初心者の方にもおすすめです。基本有料のソフトなのですが、現在は30日間無料で全機能が使える体験版を試用できますので、試してみてはいかがでしょうか。

それではsrtファイルと動画ファイルの結合方法を見ていきましょう。

手順① ソフトをダウンロード
まずはDVDFab動画変換公式サイトからソフトをダウンロード。ご自分のパソコンのOSを確認してからダウンロードしてくださいね。ダウンロード後は通常の手順に従って、PCにソフトをインストールしましょう。

手順② ソフトを起動
起動すると、こんな感じの画面になります。シンプルですね。ちなみに、日本語ウェブサイトからダウンロードすると自動的に日本語になるので、言語切り替えは不要です。

手順③ 動画ファイルをインポート
まずは動画ファイルを読み込んでいきます。PCのフォルダから、読み込みたい動画を選び、ドラッグ&ドロップで簡単にインポートできます。

手順④ srtファイルを結合
動画を読み込むと、下の画面のように動画の概要が現れます。「字幕欄」でオプションを選択できるようになっているので、ドロップダウンリストから「外部字幕を選択」をクリック。
PC上のフォルダが開くので、結合したいsrtファイルを読み込み、左下の「開始」をクリックするだけです。所要時間も短く、ストレスフリーに行えます。

 4.    2つのソフト比較

上記で紹介した2つのソフトの比較表です。単発で使ってみるならXMedia Recode、今後も同じ作業を何度もする・・という方は、DVDFab動画変換が便利だと思います。
動画の作成は、ただでさえ労力がかかるもの。自分に合った機能を持ちあわせたソフトを使うことで、労力を最小化させ、快適な動画編集ライフを送りたいですね。

     メリット  デメリット
XMedia Recode ・無料
・機能がシンプル
インターフェイスが古め
・使用中に停止することがある
DVDFab動画変換
・操作が感覚的で分かりやすい
・日本語化する必要なし

・30日間を過ぎると有料(30日間は体験版を無料で使用可能)

 

 5.    まとめ

今回は動画ファイルとsrtファイルを統合できるソフトを2つ紹介しました。動画を見る人はサイレント(音声無し)で見る、という人も多く、今後視聴者を増やすためにも字幕追加は有効な手段と言えます。
また、最近は、動画配信先も日本国内だけでなく海外展開にも挑戦する人が増えています。日本語字幕に限らず、英語字幕にも挑戦してもいいかもしれませんね。

via:

ja.dvdfab.cn

クロマキー合成をVideoCruiseで簡単に実現!コスパ最強!

要約: 今回は「クロマキー合成とは?」といった基礎的な内容から、実際におすすめのソフトを使ってのクロマキー合成までご紹介いたします。​​​​​​​今現在動画に関わっていない方でもビジネスパーソンなら誰でも知っておいて損はない内容になっておりますので、是非最後までご覧ください。

一昔はテレビ局など、マスメディアやテレビCMを打てるほどの大企業の専売特許であった動画でのマーケティングも、撮影機材の低コスト/高性能化のおかげで一気に個人でも扱える手法になりました。
個人や小規模でも高品質な動画を作れるようになったことから、「クロマキー合成」も幅広く行われるようになっています。
ところが、実際にどうやってクロマキー合成を行うのか、どういったソフトが適しているのかをしっかり把握している人はまだまだ少数派ではないでしょうか。
今回は「クロマキー合成とは?」といった基礎的な内容から、実際におすすめのソフトを使ってのクロマキー合成までご紹介いたします。
今現在動画に関わっていない方でもビジネスパーソンなら誰でも知っておいて損はない内容になっておりますので、是非最後までご覧ください。

 

 

   クロマキー合成とは?

あまり一般では聞き慣れないクロマキー合成という言葉ですが、実は私達が日常的に触れている技術です。

テレビの天気予報などでは、天気図の上を天気予報士さんが歩いて、指示棒を使って予報を解説したりしています。あれはもちろん実際に天気図の前で動いているわけではなく、別に撮った映像と天気図を合成しているわけです。これがクロマキー合成です。

テレビやYouTubeなどでも見かけることがありますが、下の写真の様なグリーンの布の前で撮影して、グリーンの部分をすべて透明にすることで人物だけの動画を作り、それを天気図に重ねていきます。

最近流行りのZOOM会議でも背景の変更が可能ですが、基本的には同じ技術を使っています。

色で判断するため、グリーンバックに対してグリーンの洋服を着てしまうと一緒に透明になってしまうので、グリーンに近い(ブルーバックの場合はブルーに近い)色の洋服は避けましょう。

このクロマキー合成を使うことで、実際にはスタジオや自宅で撮影している映像をまるで違う場所で撮った映像に見せられることがクロマキー合成の魅力です。

   どの動画編集ソフトを使うべきか

では実際に合成をしていきますが、その前にどのソフトを使うかが重要になってきます。

動画編集界のデファクトスタンダードAdobeのPremiereというソフトですが、こちらは毎月お金がかかるサブスクリプション方式で、月額2,728円。1年間だと32,736円かかります。

もちろん次の年も同じだけかかるので、動画編集のプロでもない限りなかなか手が出ない価格帯。

今回はプロ級の動画作成も可能で、コストパフォーマンスに優れているVideoCruiseを使います。価格は買い切りで7,079円(税引きセール価格)。

また、動画を任意の形式に変換し、クリエイティブな動画を作成し、自由に動画を編集することができる3-in-1動画編集ツール、DVDFab 動画変換 Proを購入すればそれよりもお得ですよ。

インターフェイスも感覚的でわかりやすいですし、プロユースでも一通りの機能を網羅しているおすすめのソフトです。

 

 

   実際にクロマキー合成してみた。

では実際に合成していきましょう。

今回は京都で撮影された桜の写真に、様々なグリーンバック動画を重ねていきます。

VideoCruiseを立ち上げると上図の用に画面比率の選択画面が表示されます。用途によって適切なものを選びましょう。

ここでは4:3(従来のスクリーン)を選択しましたが、スマホ向けにコンテンツを作ることも多い現代においては、スマホ用縦画面も簡単に選べるのが親切設計ですね。

画面比率を選択するとこのVideoCruiseの初期画面に遷移します。

動画編集ソフトを扱ったことがある方ならマニュアルを見なくても一通り使えるほどシンプルな設計です。

まずは左側の素材Windowに桜の写真とグリーンバックで撮影された動画をドラッグします。

マウス操作で簡単に素材を追加することができました。左上に表示されている2つのアイコンがその素材です。

これを合成していくわけですが、実際に編集していく動画は画面下部の部分です。まずは背景となる桜の写真を、画面下部一番上のメイン動画の部分にドラッグします。

ドラッグすると数秒分画像が挿入されますが、右端を右にドラッグすることで好きな長さに変更することが可能です。これで背景は準備OK。

続いて合成用の動画をメイン画像のしたにドラッグします。

こうして複数の映像を重ねることをピクチャ・イン・ピクチャと呼びます。

背景画像とサイズが合っていないので、合成用動画をクリックしてから、編集ボタンを押して、合成用動画のサイズを背景に合わせます。

背景にサイズを合わせるとこうなります。

背景が見えなくなってしまいました。

ここからグリーンの部分を透明にすることでクロマキー合成を実現させます。

同じく合成用画像をクリックしてから、今度はクロマキー合成ボタンをクリックします。

クロマキー合成ボタンをクリックすると画面左側に「クロマキー合成」のチェックボックスが現れますので、その下の「色を選択」でグリーンが選択されていることを確認してクリックします。

ブルーバックなど他の色の場合は、「色を選択」の右側にあるスポイトのアイコンをクリックして、実際の合成画像で透明にしたい色をクリックすれば簡単に指定できます。

これでこういった合成映像が出来上がります。

今回は一発で綺麗に合成されましたが、左側メニューの「上部の境界」、「底部の境界」、「エッジのぼかし」などで境界線の調整も可能なので、動かしながらベストなバランスを探しましょう。

いかがでしたでしょうか。

合成の実作業としてはものの数分でクロマキー合成動画が作れてしまいます。VideoCruiseは無料体験版も用意されていますので、まずは一度実際に合成してみるとその簡単さを体験していただけます。

テレビやYouTubeでよく見ることとは言え、実際に自分で合成できると感動もありますし、世間に流れている映像への理解も深まりるでしょう。

   まとめ

今回はVideoCruiseを使ってのクロマキー合成についてご紹介いたしました。

動画編集の奥は深く、クロマキー合成はその手法の一つに過ぎませんが、グリーンバックさえ用意すれば動画の可能性が無限大に広がる重要な手法でもあります。

これだけ安価なソフトで簡単に実現できるとなれば、試さない手はありません。是非本稿を参考にクロマキー合成を取り入れた動画を作ってみていただければ幸いです。

via:

ja.dvdfab.cn

動画やDVDを倍速・スロー再生したい!おすすめアプリとソフトを紹介【2021年版】

 要約: コロナ禍で家時間が増えた今、これまで以上に動画を見る時間が増えた人も多いのではないでしょうか。特にYouTubeは様々なジャンルの動画が見れて本当に便利。習慣的に見ている人も少なくないと思います。動画を見ている時、「もうちょっとスロー再生したい!」「もう少し早く・・倍速再生したいな」と思うこともあると思います。特にスポーツ動画はスロー再生でじっくり見たり、逆に勉強に使う動画は早く回してどんどん進めていったり、意外と再生速度調整は身近なもの。 今回は、そんな倍速再生・スロー再生ができるアプリや、DVD・Blu-rayで使えるおすすめソフトを紹介します。

 

 1.    動画を倍速再生・スロー再生できるおすすめアプリ2選

それでは早速、動画の速度を調整できるおすすめアプリから見ていきましょう!外出先でも気軽に使えるアプリ、1つはダウンロードしておいても損はありません。なお、どちらも無料です。

 1.1    おすすめアプリ① Action Director

初めに紹介するアプリはAction Director。こちらはスロー再生・倍速再生に対応していますが、注目すべきポイントは、このアプリはもともと動画編集アプリということです。なので、動画再生速度を調整できるだけでなく、自分で撮った動画を好きに編集することも!YouTubeInstagramにアップしたい人にはピッタリですね。また、4K動画にも対応しているので、高画質スマホの動画にも対応できます。
なめらかな動画再生で定評があるので、スポーツ中の自分のフォームを確認するのもいいかもしれません。
一つ欠点があるとすれば、現時点ではAndroidのみの対応。iPhoneをお持ちの方は残念ながら使えません。

<Action Directorの特徴>
・4K動画にも対応
・逆再生など、ユニークな機能も
・動画同士のつなぎ目が滑らかに連結される
・動画の編集(トリミングやコントラスト調整、音楽追加)も可能
・対応はAndroidのみ(Apple Storeでは取り扱い無し)

 1.2    おすすめアプリ② Clipbox Motion 

次に紹介するのはClipbox Motionというアプリです。このアプリの良いところは、スロー再生・倍速再生の速度調整に加え、2つの動画を比較再生できるところ。また、ミラー再生もできますので、ダンスを練習する人にはもってこいだと思います。ミラー再生しながら、スロー再生することで効率よく振り付け練習ができますね。なお、こちらはAction Directorとは逆で、Apple Storeのみで取り扱い中です。

<Action Directorの特徴>
・2つの動画の比較再生が可能
・ミラー再生可能
・充実の動画管理機能(フォルダ管理、保護機能、お気に入り登録等)
・対応はiPhoneのみ(Google Playstoreでは取り扱い無し)

 2.    DVD・Blu-rayを自由自在に!おすすめ動画再生ソフト

YouTubeなどの動画だけでなく、DVDやBlue-rayでも、スロー再生や倍速再生が気軽にできたら・・と思うこともあると思います。今回は、速度調整機能を含め、様々な機能を持ち合わせたおすすめ動画再生ソフト・DVDFab Player6を紹介します。
なお、無料体験版もありますので、気になる方はダウンロードして、実際に使ってみてくださいね。

 2.1    DVDFab Player6とは

DVDFab Player 6は、多機能のDVDプレーヤーソフトです。DVDだけでなく、Blu-rayや4K動画プレーヤーにも対応可能なので、幅広い製品を再生することができます。
スロー再生や倍速再生はもちろんのこと、高解像度のオーディオ再生ができたり、画面の大きさに合わせて最適な動画が再生できるモード選択、また、ライブラリを綺麗に整頓できるプレイリスト作成機能など、欲しい機能が充実しています。

<DVDFab Player6 基礎情報>
対応OS        :Windows/Mac
対応フォーマット:MP3、WAV、M4A、FLACOGG、CUE、APEなど一般的なもの
主要機能    :高解像度オーディオ再生、ローカルライブラリーへのダウンロード、画面の大きさに対応したPC/TV再生モード、プレイリスト作成など

<製品一覧>

製品名 費用  機能
体験版 無料 基本機能
スタンダード版
5899円(セール中)
 DVD/Brue-rayのあらゆる再生機能
4K UHD/HEVC以外の動画再生
DVDディスクをローカルフォルダに保存可能
PC/TV再生モードの切り替え可能
Ultra版
9439円(セール中)
3D動画の再生可能
HDR10/HDオーディオ対応
4K UHD/HEVCファイルの再生可能
DVD/Blu-rayディスクをローカルフォルダに保存可能
(スタンダード版の機能はすべて搭載)


  

 2.2    DVDDab Player6の使い方

それでは、簡単にDVDFab Player6の使い方を紹介していきます。感覚的に使い方が分かりますので、難しい設定が苦手な方でもすぐに使えこなせると思います。

手順① ダウンロード
まずはダウンロードです。公式ウェブサイトから、自分のOSを選んだうえで「無料ダウンロード」をクリックしてダウンロード。(有料版の購入を決めている方は、この画面下にダウンロードボタンがあります。通常のダウンロードプロセスに沿って、インストールを完了させてください。


 
なお、日本語サイトからダウンロードすると、すぐに日本語版ソフトが使えるので、言語設定は必要ありません。

手順② ファイルをインポート
インストールしたソフトを起動すると、下記のような画面が現れます。まずは自分が再生したいファイルをソフトにインポートしましょう。

ローカルフォルダから自分が再生したい動画やDVDファイルを選択し、ドラッグ&ドロップでインポートできます。時間もかからずインポートできますのでストレスフリーです。

手順③ 再生速度を調整する
では、スロー再生や倍速再生を試してみましょう。
画面下にある動画再生メニューで早送り・巻き戻しボタン(▶▶/◀◀)を押すと、下記画面のように再生速度設定画面が現れます。なんと、32倍速・32倍スロー再生まで段階的に設定可能です。スポーツ動画には大活躍しそうですね。

手順④ 細かい設定を使いこなす
基礎情報でも紹介したとおり、本製品は細かい機能が充実しています。もちろん、デフォルト設定でも快適に利用はできますが、自分の欲しい機能にあわせて設定をすることで、よりスムーズに使えるようになります。
「設定」を開くと、下記のようなメニューが現れます。一般的な設定から、例えば字幕の大きさの設定など、かなり細かな設定を行うことができます。たくさん機能がありますので、まずは自分で設定をいじってみて、どんな機能があるのか見てみることをお勧めします。

今回は体験版をもとに使い方を紹介しましたが、有料版ではさらにたくさんの機能を使うことができますよ。

 3.    まとめ

今回は、スロー再生・倍速再生機能を基本として、動画再生アプリや動画再生ソフトを紹介しました。動画やDVDを見る機会が増えている今、多機能のアプリやソフトを使うことで、動画ライフがぐっと快適になること間違いなしです。今回紹介したアプリはすべて無料、またソフトについても無料体験ができますので、まずは一度試してみてはいかがでしょうか。

via:

ja.dvdfab.cn